さんみりぼうず

作れるものをつくってみる。ブログ

フィルムコンパクトカメラの京セラp-miniで自家現像カラー35mmをやってみた【大失敗?】

f:id:sanmiri:20181103194555j:plain

モノクロフィルムの自家現像に失敗しましたが

気を取り直してカラーに行ってみよう!

 

まずは薬品から

1、ORIENTAL CNL-N1R発色現像補充液 5L×2(フジ名称:CN-16L)

2、ORIENTAL BAP-2R漂白定着補充液 10L×2(コダック名称:RA-4RA)

 

2個でいいのね

モノクロより楽じゃん

 

f:id:sanmiri:20181103194605j:plain

こちらのサイトで買わせていただきました。

 

f:id:sanmiri:20181103194610j:plain

f:id:sanmiri:20181103194621j:plain

f:id:sanmiri:20181103194633j:plain

f:id:sanmiri:20181103194749j:plain

f:id:sanmiri:20181103194935j:plain

f:id:sanmiri:20181103195036j:plain

f:id:sanmiri:20181103194646j:plain

・135フィルム (300ml)

ORIENTAL CNL-N1R発色現像補充液

A液30ml+B液30ml+水240ml=300ml

 

ORIENTAL BAP-2R漂白定着補充液 

A液40ml+B液60ml+水200ml=300ml

 

・120フィルム (500ml)

ORIENTAL CNL-N1R発色現像補充液

A液50ml+B液50ml+水400ml=500ml

 

ORIENTAL BAP-2R漂白定着補充液 

A液70ml+B液100ml+水330ml=500ml

 

参考:カラーネガフィルムの自家現像をやってみた - ドール写真の撮り方と撮影機材

 

ちなみに今回僕は135フィルムを使ってますが

僕の現像タンクは135フィルムが375mlということなので

120フィルムようの500mlの配合で作りました。

 

f:id:sanmiri:20181103194700j:plain

温度は熱帯魚ヒーターで32度に設定

30度がいいみたいですが作業中に温度が下がることを考えて少し高めに設定

 

f:id:sanmiri:20181103194711j:plain

3本目のペットボトルはモノクロでも使ったフィルムが

水滴ムラにならないように水を切るドライウェルです

 

f:id:sanmiri:20181103194723j:plain

使ったカメラはこちら

フィルムコンパクトカメラの京セラp-miniです

 

f:id:sanmiri:20181103194734j:plain

フィルムはカラーの35mm

 

f:id:sanmiri:20181103194802j:plain

タンクリールに巻きます。

 

f:id:sanmiri:20181103194814j:plain

現像シーンは写真を取っていないので流れだけ

 

1、40度の水で2分ほどフィルムを洗う(気泡防止とタンク仮温め)
2、現像液を入れます(最初1分連続攪拌後50秒ごとに10秒攪拌計7分)
3、現像液をペットボトルに出す
4、40度の水で2分ほどフィルムを洗う
5、定着漂白液を入れる(最初1分連続攪拌後50秒ごとに10秒攪拌計7分)
6、定着漂白液をペットボトルに出す
7、水洗い(2分)
8、ドライウェル に30秒つける
9、ドライウェル を捨てる
10、乾燥

 

モノクロより楽ね

 

f:id:sanmiri:20181103195055j:plain

ブローニー に比べて長っ!

 

f:id:sanmiri:20181103194830j:plain

6枚づつカット

 

f:id:sanmiri:20181103194843j:plain

f:id:sanmiri:20181103194857j:plain

f:id:sanmiri:20181103194905j:plain

f:id:sanmiri:20181103194922j:plain

f:id:sanmiri:20181103194927j:plain

f:id:sanmiri:20181103194946j:plain

あれ?

これカラーになってる?

 

撮影時のバックは白できているTシャツは黒

ということでほとんど色のついたものが写ってないのでわかりづらい

 

あとはフィルムの取り込み方に問題あり

光に当ててカメラで撮ってそのまま反転はダメで

オレンジベースを消さなくてはいけないらしい

 

ホワイトバランスをいじってなんちゃらというが

うまくできなかっったため変な感じになったのか?

 

それとも現像を失敗したのか?

 

135フィルムなのに120の配合でやったからかと思いきや

配合比は同じなので関係ない気がする

 

現像時間が短かったか長かったか?

どっちだろうか?

 

気になったのは現像後のネガの暗さ

他の人のネガをみるともっと綺麗に黒と透明に抜けている感じがする

 

と、なんやかんや悩んでいたらこちらを発見して即注文

 

 

とりあえずこれが届いたらスキャン取り込みしてみます。

 

どっちにしろ明日は120カラーフィルムのピンホールで撮影

もう一度京セラ p-miniで撮影現像

の2本立てです

 

ひとまず今回使ったものをメモ

 

薬品

1、ORIENTAL CNL-N1R発色現像補充液 5L×2(フジ名称:CN-16L)

2、ORIENTAL BAP-2R漂白定着補充液 10L×2(コダック名称:RA-4RA)

 

 

 

道具

LPL 現像タンク プラスチック現像タンク5041 リール2個付 L40221

LPL 現像タンク プラスチック現像タンク5041 リール2個付 L40221

 
HAKUBA フィルムピッカー4 KA-FP4

HAKUBA フィルムピッカー4 KA-FP4

 
ジェックス NEW セーフカバー ヒートナビ SH160

ジェックス NEW セーフカバー ヒートナビ SH160