三三人暴頭

作れるものをつくってみる。ブログ

フィルムコンパクトカメラの京セラp-miniで自家現像カラー35mmをやってみた【成功?】

f:id:sanmiri:20181107141455j:plain

いつも通り京セラp-miniで行きます。

 

f:id:sanmiri:20181107141509j:plain

今回からは失敗してもいいように安いフィルムを使います。

 

f:id:sanmiri:20181107141524j:plain

そして今回からダークバック を導入

現像の失敗が暗室の不完全による可能性を疑ったからです

 

f:id:sanmiri:20181107141535j:plain

そのまま使ってもいのですが中にダンボールを入れると作業がしやすいとか

 

f:id:sanmiri:20181107141558j:plain

中で使うものを一通り入れてチャックをします。
※フィルムの最後を切るはさみを入れ忘れました

 

f:id:sanmiri:20181107141609j:plain

とその前にあらかじめフィルムピッカーでベロ出しして

 

f:id:sanmiri:20181107141620j:plain

リールに先端だけ巻いときます

 

f:id:sanmiri:20181107141631j:plain

でチャックをしめてリールに巻いてフィルムの最後をカットして

タンクに入れて準備完了

 

今回は現像35℃7分で定着35℃7分で行きます。

いままでは30℃で7分でしたがフィルムが綺麗に抜けないので高めにしてみます。

 

f:id:sanmiri:20181107141642j:plain

やりました!

ついにちゃんと抜けたネガができました。

いままでの失敗ネガはこんな感じ

 

f:id:sanmiri:20181105195630j:plain

ちゃんと抜けた場合は再度にフィルムの枚数の数字がでるわけですね。

 

f:id:sanmiri:20181107141654j:plain

ipadで白い画面を表示して簡易ライトボックス

 

f:id:sanmiri:20181107141705j:plain

f:id:sanmiri:20181107141717j:plain

フィルムスキャナで取り込み

 

f:id:sanmiri:20181107141729j:plain

f:id:sanmiri:20181107141733j:plain

f:id:sanmiri:20181107141740j:plain

f:id:sanmiri:20181107141745j:plain

f:id:sanmiri:20181107141753j:plain

まあ若干色味が良くないかもしれませんが

今回はとりあえずちゃんとネガが抜けることを確認できたのでよしとします

 

おそらく今回うまく行ったのはダークバック 導入だと思っています

現像の温度は高くしましたがその前に現像32℃10分やったのに

ほぼ真っ黒だったことを思い出すと暗室不完全が失敗の原因だったと思います

 

ということで次回の現像は標準に戻して

現像30℃7分、定着30℃7分に戻したいと思います

これでもうまくネガが抜ければ暗室不完全が失敗の原因ということで確定

 

とその前にすべて失敗だったモノクロにもう一度リベンジしたいと思います。

モノクロはすべて真っ黒でしたがあれも暗室不完全が原因なら

ダークバック でやればうまくいくはず

 

・今回使った道具メモ

ETSUMI ダークバッグ Lサイズ E-7042

ETSUMI ダークバッグ Lサイズ E-7042

 
LPL 現像タンク プラスチック現像タンク5041 リール2個付 L40221

LPL 現像タンク プラスチック現像タンク5041 リール2個付 L40221

 
HAKUBA フィルムピッカー4 KA-FP4

HAKUBA フィルムピッカー4 KA-FP4